私が夫とアメリカを離れてタイへ移住した5つの理由

移住が可能な国として193の国があるにもかかわらず、なぜ私はタイに住んでいるのでしょう?いい質問です。私がアメリカから「微笑みの国」に移住した5つの理由について紹介します。

1. 安い

米ドルは「微笑みの国」でとても価値が高いです。もしあなたがアメリカで貧乏でも、その少ないドルを持ってここへ来てください。新しい経験や友好的な文化を経験する機会を得るだけではなく、王様のように食べ、破産することなく毎日新しい食べ物を食べることができます。食事は大変安くて幅広いですが、それについては後述します。

2. 美しい

ビーチが好きな人には、世界でも驚くようなビーチと島があるプーケットをお勧めします。山が好きな人には、山や国立公園が豊富にあるタイの北部、チェンマイなどをお勧めします。寺院が好きな人は、タイで30,000以上の寺院を訪れることができます。これらの行き来は、タイの便利な公共交通機関を利用することができます。

3. 雇用の機会が豊富

英語を教えることはアメリカ以外の世界のどこでもできますが、アジアのようにそのチャンスが少ないところもあります。タイ、中国、韓国、台湾は英会話に力を入れていますが、中でもタイは一番友好的です。「微笑みの国」と呼ばれるのには理由があるのです。

4. ワイルドな夜

ミュージカル「チェス」のマレー・ヘッドは「バンコクの一夜はタフな男をみすぼらしくする」と言っています。ではタイを純粋に楽しめなければ、私はどんな自尊心の高い若いアメリカ人移住者になるのでしょうか。バンコクやプーケットでの夜は世界的にも魅力があり、私は電気に集まる蛾のようにそこへ吸い込まれていきました。もしあなたが私のようなタイプなら、タイの夜に夢中になるでしょう。私はバンコク、プーケット、チェンマイでの夜をシェアして来ました。

バーが苦手でも、他の方法でタイの夜を楽しむことができます。チェンマイとバンコクの夜市は見る価値があります。何千ものベンダー、出店のシェフ、職人が食べ物や製品を安く売っています。

もしあなたが私のような人なら、何倍かビールを飲んだ後に、夜食を楽しむことができるでしょう。タイのストリートはいつも開いていて、常に食事があります。

5. 食事

タイの出店の食事は豊富で、多様性があり、安いです。タイ料理は世界でもベストな食事の1つで、誰でも食べることができます。新鮮なトロピカルフルーツと珍味が売られています。冒険的な食事もあり、タイは味やテクスチャーが豊富です。ドリアンを食べたことがないのなら、タイに来て、世界で最も臭いフルーツを試してみてください。

お腹が減って、市場へ歩いて行きます。路上のフルーツスタンドがこの先にあります。摘みたてのバナナやマンゴーです。たくさんあります。少しためらって、バナナを指さします。スタンドの後ろに立っている女性が私に微笑み、タイ語で何か言います。私は頷きます。彼女は黄色のフルーツを掴み、1ダース以上のバナナをバッグに入れます。彼女はバッグを私に渡します。「Sip baht!」と彼女は言います。彼女は1袋のバナナを10バーツ(34セント)で売ります。私は1つ欲しいだけだったのですが、14本ありました。私はビーチの近くに座り、バナナを1本取ります。皮をむき、かじります。それはとても甘いです。少しの間噛み締めます。この1本のバナナはアメリカでは34セント以上します。タイのストリートフードの勝利です。