私がタイを愛する11の理由

私は何年もタイに住んでいます。離れてはまた戻ってを繰り返しています。チェンマイには2回住み、バンコクには5年以上住んでいます。結婚をして一度1年以上離れていると、自分の中の何かが欠けているように感じてしまい、旦那に言って戻ってきたほどです。

人々は、なぜ私が新しい場所を開拓せずに、1度訪れたことのある場所に戻るのかと尋ねてきます。答えは簡単です。それは私が魅了されているからです。そこを訪れると、まるで家に帰ってきたような気持ちになります。そしておそらくタイは私が唯一日本以外で帰る場所だと思える場所なのです。

なぜ私はここまでタイを愛しているのでしょう?この記事では、タイが世界でもベストな国の1つであることの11の理由と、どのように滞在するべきかのヒントを紹介します。

美味しい食事

人々がタイ料理が好きと言いながら、一度もタイを訪れたことがないと聞くと、「あなたは本物のタイ料理を食べたことがないでしょう。」と思ってしまいます。タイのタイ料理は世界のどこで食べるよりも美味しいです。バラエティーに富んでいて、味もたくさんあります。ここで食べると、あなたの口はフレーバーとともにダンスをしてしまうでしょう。私はいつもマイペットという料理を注文します。これは「辛くない」という意味です。タイのスタンダードはチリテイストなのです。(私は辛いものが苦手です。)タイの道中に屋台があり、安くて美味しいタイ料理を見つけることができます。何時でも、どこかしらは開いています。

さらに、インターナショナルフードは国中にたくさんあります。タイは観光客や移住者が多いため、とても国際的な国なのです。バンコクには私のお気に入りの寿司屋がありますし、素晴らしいハラールやインド料理を見つけることもできます。そして驚くことに、多くのメキシコ料理も見つけるでしょう。Senor Pico’sは北米の外で一番美味しいメキシコ料理店です。

タイはグルメな人にとって夢の場所です。

暖かな気候

私は太陽がとても好きです(私の母や皮膚科医はうろたえますが)。人生の多くの時間を北海道での雪かきに費やしたため、暖かな気候で晴れていて、雪かきの必要がない地域への憧れが生まれたのだと思います。タイにはモンスーンの季節がありますが、熱や暑くて湿度の高いタイは私にとって魅力的です。ジャケットは必要なく、いつもTシャツと半ズボンで出かけることができます。

(いいえ、これは本当ではありません。1月には私はジャケットを着ます。ここでは20℃近くになります。でも観光客上がりの移住者は皆、1月にセーターとジャケットを着て生活していた人ばかりなので、このように言うことができます。かつて友人が1月に私の元を訪れた時私はアパートのエアコンをつけることを拒否しました。あまりにも寒かったのです!)

フレンドリーな地元民

タイ人は私が今まで出会った中でも素敵な人が多いです。彼らは常に幸せで、笑顔で、礼儀正しく、思いやりがあります。あなたがタイ語を話せなくて困っている時でも、親切に助けてくれます。とてもよくしてくれ、いつ戻って来ても、近所のお店の店主は温かな笑顔とハグで私を迎えてくれます。タイ人は驚くほど記憶力があります。一度友達になったら、いつもいつまでも友達です。タイではいつも身の安全を感じています。タイ人が盗みを働いたり問題を起こすことは滅多にないのです。タイは、私がトイレに行く間にパソコンを置いたままにしておくことができる数少ない国です。

旅行にぴったり

タイは全てにおいてぴったり真ん中にいます。香港まで3時間、シンガポールまで2時間、バリまで4時間、そしてオーストラリアとヨーロッパの中央に位置します。タイからはたくさんのところに旅行に行きやすく、私のような旅行好きにはとても魅力的です。また、これらの場所に安く行くことができます。明日私は4日間のシンガポールの旅に出ますが、タイガー航空で往復120米ドルしかかかっていません。これは週末の過ごし方として、悪くないのではないでしょうか。

絵葉書になるような熱帯の島々

私は砂浜が好きです。砂の上に座り、何時間も泳ぎに行くことができます。私にとっては天国のような場所です。(先述の暖かい季節が好きであるという箇所を読んでください。)数年間タイが発展し続け、その弊害で多くのビーチが滅びましたが、それでもまだ写真に収めたくなるような素晴らしいビーチがいくつかあります。私はその中でも特にチャーン島、クッド島、スリン諸島、アダン島、ランタ島が好きです。ベストな島は南下してマレーシアとの国境近くにあります。全てが写真のように見え、このような場所は私にとって天国なのです。

青々としたジャングル

私はビーチで座るのと同じくらい、ジャングルの中を探検するのが好きで、タイには私が今まで見たことのない青々とした美しいジャングルがあります。カオヤイ国立公園のジャングルや象から南にあるカオソックの湖、チェンマイの近くの有名な山岳部族の旅まで、ここでは様々なジャングルの楽しみ方があります。それらは野生で自然のままのジャングルではないかもしれませんが、それでも美しい景色、深い森林、滝などがあります。

国際的な環境

タイは地元の人とも外国人とも仲良くなれる国です。観光客や移住者によってこの国はとても国際的になっています。世界的な飲食チェーン、国際的なレストランや店、スターバックス、そしてハリウッド映画があります。タイは人々のるつぼで、世界中から来た人々に出会うことができます。私はここで、フランス、ドイツ、アルゼンチン、ニュージーランド、日本、イスラエル出身の人々と友達になりました。

タイは便利

タイは便利です。午前3時半にお腹が空きましたか?食べ物を売っている場所はどこかしらにあります。ベトナム行きのバスに乗りたいですか?それは簡単なことです。ちょっと変わった時間に買い物に行きたいですか?空いている店はあります。午前2時に薬局?ありますよ。タイは住みやすい街です。そしてバンコクなら、タクシーを待つ列に並ぶことはありません。

美しい人々

本当のことを言うと、タイ人はとても容姿端麗です。人々がタイに来てタイ人と結婚する理由はそこにあります。彼女らはとても可愛くてセクシーです。みんなが容姿端麗な国に来るなんて、素晴らしいことです。この女性は美しい肌とエキゾチックな見た目が魅力的です。私の友達は皆、タイ人と付き合ったことがあります。

バンコク

私は初めの何回か旅行でバンコクを訪れた際は、バンコクが嫌いでした。移り住むまでは好きになりませんでした。バンコクは住みやすい街です。することもイベントも素敵なバーや素晴らしい食べ物もたくさんあります。常に何かすることがあるこの街が私は好きです。何時でも何曜日でも、何かできることが常にあります。ニューヨークのように、バンコクは眠らない街なのです。

安い!

タイは訪れるのも住むのも安いです。昨日、私は1日の食費として4米ドルを使い、その中にはお菓子や飲み物も含まれています。道端の自動販売機の食べ物はほとんどが1ドルです。10ドルでプライベートルームに1泊できたり、ビーチの前のバンガローは15~20ドルで泊まることができます。バンコクのダウンタウンにあるアパートは月300ドルで、それは私が欲しているよりも広いです。タイはあなたのお金の価値を驚くほど高くします。数年前、私は友人に、1ヶ月の島巡りを終え、最終的に40,000バーツ(1,400米ドル)を使ったと話しました。彼はショックを受けていました。「どうやったらたった1ヶ月でそんな大金が使えるのですか!」と彼は声高に言いました。タイは安い国なのです。1,400ドルは大金だと考えられるのです。私は旦那とニューヨークでその倍の家賃を支払っていました。

人々が私にどこの国がお気に入りか私に聞いて来たときは、いつもタイだと言います。あなたにはお気に入りの国がありますか?どれも素晴らしいものだと思います。どの国も他の国より特別な場所です。しかしタイは私にとっては特別な場所です。私たちには長い歴史があります。私はいつも島に帰って来ています。私はここを愛しすぎています。

高校時代にタイ旅行で訪れて以来、タイにハマってしまいました。一人娘にも関わらず、親はタイの大学へ進学するということに対しても反対せず、応援してくれました。今は、チェンマイで働いていた時に知り合ったアメリカ人の旦那と結婚しました。子供の出産を機に、一時期はニューヨークに住んでいたこともありましたが、旦那と私のどちらもタイが忘れられず、タイに戻ってきてしまいました。今は私の両親が定年退職したのを機にタイに呼び寄せて子供(孫)の面倒を見てもらい、私はギフトショップを友人と共同経営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です