外国人がタイで仕事を見つける方法

タイは素晴らしいところです。一度訪れたら離れたくなくなる国の1つでしょう。事実、人気旅行ブロガーに一番好きな国を聞くと…タイと答える人が多いのです。

もしあなたがタイを旅行して魅了されたなら、とても運がいいです。タイには多くの求人があり、特に英語を教える職業はたくさんあります。他の多くの英語を話さない国のように、英語を教えることはあなたがタイにいる間にお金を稼ぐいい手段になります。

以下は、タイで仕事を探すためのリソース(口コミと個人的な検索結果に基づいています。)です。

一般的な求人サイト

以下のサイトでは、応募すると何らかの返答が0.5%から1.0%得られると言われています。それでも、ぜひこれらのサイトを通じて応募してみてください。簡単なメールや申し込みで、どんな繋がりが生まれるのか、わからないからです。

東南アジアの人材紹介会社 キャリアリンクは、東南アジア(とりわけタイ)での仕事を見つけるのに良いリソースです。就職活動のきっかけとしては素晴らしいものです。

ThaiWebsitesはタイの主要な職探しのサイトです。

CareerJetは検索エンジンとしてタイ最大級で、よく知られたサイトです。

Monsterはインターネットの普及が始まって以来運営されています。以前ほどではありませんが、見てみる価値はあります。

JobsDBは多くの求職情報がある検索エンジンです。

Work Ventureは大企業の求人が数多くあります。

英語を教えること

英語を教えることは、英語が母国語のあなたにとって簡単な選択肢だと思います。以下のサイトは世界中の英語を教える仕事を数多く掲載しています。それぞれタイでの求人を検索することもできます。また、国際TEFLアカデミーがが出している、世界中で「英語を教える仕事はどれくらい稼げるのか」も参考にしてみてください。

・AjarnはTEFLの仕事を検索するには王様中の王様であると言えます。筆者もここで求人情報を検索しました。

・ESL Employmentはそこまで人気のあるサイトではありませんが、選択肢を広げるために参考にするも良いと思います。

・Total ESLは混雑したインターフェースですが、海外での英語を教える仕事の情報は豊富です。

・Tesallは教員の仕事の大きなアグリゲーターです。

他のブロガーやウェブサイトから

・Transition Abroadは10日でタイの求人を見つけるための方法を段階的に詳しく説明しています。

・AngloInfoはタイの最新のリストを掲載しています。

・Thailand Forumはタイへの移住や生活についてのあらゆる情報を掲載しています。

・The Thailand lifeはタイで働きたい人のための仕事を簡潔にリスト化しています。

海外や移住者のための仕事

・eFinancialCareersは金融関係の仕事を探すのに筆者が気に入っているサイトです。ウォール・ストリート時代にはここを利用していました。ただし、タイでの求人は少ないです。

・Career Builderは長い間世に出ているサイトです。いいソースではありますが、ベストではありません。

・LinkedInは巨大なソーシャルネットワークで、あなたの専門分野や興味のある分野や場所での繋がりを作るのには素晴らしいソースです。

以上のサイトで外国人の求人を見つけることができるでしょう。

住む場所を探す

タイの安いアパートを探しているのなら、MrRoomFinder、Thai Apartment、9Apartment.comとThai Visa Classifiedsはベストでしょう。また、Transitions Abroadもおすすめです。

高校時代にタイ旅行で訪れて以来、タイにハマってしまいました。一人娘にも関わらず、親はタイの大学へ進学するということに対しても反対せず、応援してくれました。今は、チェンマイで働いていた時に知り合ったアメリカ人の旦那と結婚しました。子供の出産を機に、一時期はニューヨークに住んでいたこともありましたが、旦那と私のどちらもタイが忘れられず、タイに戻ってきてしまいました。今は私の両親が定年退職したのを機にタイに呼び寄せて子供(孫)の面倒を見てもらい、私はギフトショップを友人と共同経営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です