タイで働くということがベストな選択である理由

過去10年、人々は働く場所を選ぶ傾向が変わって来ました。インターネットのおかげで、在宅ワークは朝が苦手な人だけのための仕事ではなくなりました。より多くのウェブデベロッパー、プログラマー、グラフィックデザイナーが就業場所を選ぶようになり、夢の場所として新たな家を作っています。多くの人にとって、温暖な気候、白い砂浜、友好的な文化のタイはただのパラダイスではありません。ここではタイで働くことがあなたにとって最善の選択である主な理由を紹介します。

寒さから逃れる

ヨーロッパ北部やアメリカの大部分の冬は厳しいです。寒さと雪は最悪ですが、朝や夜に真っ暗な中にいるのは鬱々としてしまいます。タイの涼しい季節で一番寒い日は、あなたの国の穏やかな春か秋と同じくらいでしょう。さらに、赤道に近いことから、季節による日照時間の変化があまりありません。日照時間不足による季節的な憂鬱は世界中の多くの国々の人々にとって深刻な問題ですが、タイに住む人には関係ありません。

健康的なライフスタイル

私の経験から、アメリカのレストランで提供される食事の量の多さは、とても健康的であるとは言えません。さらに多くの人々の食事は、炭水化物、脂肪、砂糖を取り過ぎています。先述したように、長くて寒い冬を乗り越えるということは、多くの時間を座ってテレビを見て、何をするにも腰が重くなるのです。

対照的に、タイの食事の多くはとても美味しいです。新鮮な野菜が多くの食事に使われており、特に辛い食べ物が好きな人にとっては、興味深い味を良いバランスで食べることができます。またタイは安くて新鮮なフルーツを楽しむことができるので、ビタミン不足になることもありません。オーガニック好きやベジタリアン、菜食主義者には、地元のマーケットやレストランが手頃な製品や食事を提供しています。

暖かい気候は活動的なライフスタイルを助長します。例えば、1年中使えるプールのあるアパートを探すかもしれません。

ストレスの軽減

タイへ来るバックパッカーの多くがリラックスした晴れた休日を少ない日数で毎年楽しんでいます。ではなぜタイへ移り住んで、常にスローダウンの恩恵を受けた生活にシフトしないのですか?

休日をバイク仲間で過ごし、緑の丘を越えたり、海の近くのヤシの木の下を走るのはどうでしょう?タイに住んでいれば、簡単にできるのです。

お金を稼ぐ

位置独立的ライフスタイルの最も良い点の1つは、ジオアービトラージです。基本的には、通貨の違いを逆手に取って、様々な国での生活で利益を得たり質の高い生活をすることです。アメリカやヨーロッパで顧客のために働いていると、あなたのサービスに対する支払いはドルかユーロで請求します。その後その収入をタイのバーツとしてタイで使うのです。母国で使うよりもより多くのお金を使うことができます。さらにこれらの利益にプラスして、タイでの生活費は西洋のライフスタイルと比較しても大変安くなっています。

現在の給与明細では、政府がどれくらいあなたに税負担を強いているか知っていますか?もしIgluを通してタイでフリーランス(https://iglu.net/join/)として働くと、あなたが顧客に請求した費用のうちの70%を手取りとして受け取ることができます。残りの30%で税金を払うだけではなく、フルカバーの健康保険、ビザの書類業務、ハイスピードWi-Fiがあるモダンな事務所の使用料、仕事中に飲むコーヒー代までカバーできます。

楽しいところの旅

人生は短いですが、世界には見たり経験したりするべきもので溢れています。タイで生活をし、働くということは東南アジアが売りにしている全ての地域を見て回れるということです。アンコールワット、バリのサーフィンができるビーチ、香港やシンガポールの地域財政センターは国内線ですぐにアクセスすることができます。夏季休暇のたびにサンゴ礁中をシュノーケリングしたりジャングルの古代遺跡を探したり、同じようなことが起きないのです。

新しい友達を作る

タイは世界中の人々にとって憧れの場所になっています。タイに住めば、タイ人だけではなく。全ての国々から集まってきた新たな友達を作るチャンスがあるでしょう。タイの地域の人々はとても友好的で、外国人との出会いに興味を持っています。タイで多くの時間を過ごしている多くの人々は、地元の人々と一生の友達になり、何人かは恋をしてしまうこともあります。

タイで働くには?

ここまでであなたは、「タイってすごく良さそう!サインアップしよう!」と言うかもしれません。ならば、タイで働き自分自身の居場所を見つけるのはどうでしょう?もしあなたがソフトウェアデベロッパーやその他の技術部門の専門家かつ、顧客から定期的に仕事をもらえているのならば、あなたにとって一番いいのは人材紹介会社 キャリアリンクタイランドに登録することをお勧めします。これを通せば、あなたは100%合法的にタイで働くことができます。そして同じような志を持った人のコミュニティーでも中心となるでしょう。それはあなたが今までしてきた決断の中で最も良いものです。

高校時代にタイ旅行で訪れて以来、タイにハマってしまいました。一人娘にも関わらず、親はタイの大学へ進学するということに対しても反対せず、応援してくれました。今は、チェンマイで働いていた時に知り合ったアメリカ人の旦那と結婚しました。子供の出産を機に、一時期はニューヨークに住んでいたこともありましたが、旦那と私のどちらもタイが忘れられず、タイに戻ってきてしまいました。今は私の両親が定年退職したのを機にタイに呼び寄せて子供(孫)の面倒を見てもらい、私はギフトショップを友人と共同経営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です