タイでの仕事の探し方

世界の多くの人にとって、パラダイスのような国であるタイで働き、生活するということは夢であると思います。初めて微笑みの国に来ると、タイの自然の美しさ、文化、食事、天気、女性に恋をしてしまうでしょう。

初めてのタイ旅行は思い出深いものになり、普段の生活とは全く異なる世界です。もし定住することができ、生活するのに十分な仕事を得ることができれば、どんなに素晴らしいことでしょうか。

タイで仕事を探すのは難しいことなのでしょうか。

もちろん、これはとても一般的な質問であり、はいかいいえで答えられるような簡単な質問ではありません。しかし、タイは発展途上国であり、オフィスワークなどで西洋の国々のような給料を受け取れるわけではないということを心に留めておかなければなりません。また多くの外国人が、より良い仕事を探しているので、これだけは確実に言えます。

あなたの母国のようないい条件の仕事をタイで見つけるのは簡単ではありません。

しかし不可能ではありません。正しいアプローチでタイでも良い条件の仕事を見つけるのは可能なのです。

タイで仕事を得るには、タイ語を話す必要があるのでしょうか。

いいえ、英語が話せれば問題ありません。私の推計では、タイで働く外国人のうち80%はタイ語を使いこなせていないと思います。もちろん基本的なタイ語を身につければ、さらに良い条件の仕事を見つけることができるでしょう。

タイで合法的に働くには、大学の学位が必要ですか。

いいえ、シンガポールなどの他のアジアの国々とは違い、高校を卒業していることが最低条件になります。私がタイで初めて仕事に応募した時、高校の卒業証書を持ってドイツ大使館に行き、150バーツでそれを翻訳して承認してもらいました。労働局で働き労働許可証をもらうにあたっては、それで十分でした。

個別の面接に行く必要はありますか。

タイにいるのなら行きましょう。タイ国外から応募した場合は、スカイプや電話で面接することが多いです。滅多にないケースですが、面接のためにタイに来る人もいるようです。

タイの給料状況はどのようになっていますか。

あなたの母国のようには稼げないかもしれませんが、タイでの生活は安く、外国人労働者の給料に対しては最低限のラインがあります。

以下、仕事を探し応募する様々な方法をご紹介します。

タイの仕事のウェブサイト

これらはタイでも最も重要な求人サイトです。求人数と人気順に並んでいます。

・Jobs DB

・Job Street

・キャリアリンク タイランド

・JobTalents

・Bangkok Post Jobs

・Ajarn

・Monster

・Idealist

・Teaching in Thailand

Jobs DBはタイでも最大級の求人サイトです。その他のウェブサイトと比較するとその情報量は5倍になります。

タイで仕事を探している人はこれらのウェブサイトをチェックしていて、条件にあったものにだけ応募するように心がけましょう。情報は日々更新されるので、常に最新の情報をチェックするようにしましょう。CV、推薦書、モチベーションレターなどを送ることで仕事に応募することができます。

タイのリクルートエージェンシー

CVと推薦書をリクルートエージェンシーに送ることで、条件にあった仕事を探してくれます。たくさんのエージェンシーがあるので、全てを紹介することはできませんが、重要なものをいくつか掲載します。

・PRTR Recruitment

・RSM Recruitment

・Robert Walters

・CareerLink Thailand

・Smart Search Recruitment

・Jobs Connector

・JAC Recruitment

・Top Talent Asia

・Opus Asia

自分で仕事を見つけられない場合は、これらのウェブサイトを使うことをおすすめしますが、どのエージェンシーも料金がかかります。それぞれのウェブサイトでいくらかかるかを確認してください。一般には仕事を得ることができた場合に料金がかかります。もし無料であると言われても、就職後に雇用主から報酬を得るエージェンシーもあり、その場合は初任給から引かれることもあるので、注意が必要です。
*日系人材紹介会社(エージェンシー)の場合は、雇用主からのみ報酬を得る形のようです。

新聞と雑誌

古典的なやり方ですが、新聞の求人広告をチェックするという方法もあります。タイにおける英字新聞は以下の4誌です。

・Bangkok Post

・Phuket Ghazette

・Pattaya Mail

・Chiang Mai Mail

新聞を買わなくても、ホテルやレストラン、サブウェイ、ピザハット、マクドナルドなどのファストフード店に置いてあります。

またBK MagazineやDer Farangなどの英字雑誌も求人広告を載せています。店やホテル、西洋レストランなどを見てみてください。

仕事を探している間タイにいない場合は、新聞や雑誌のウェブサイトをチェックしてみましょう。求人広告を掲載している場合があります。

FacebookやLinkedinのグループ

外国人のための大きなグループがいくつかあります。まずはグループに参加リクエストを送りましょう。参加が受け入れられると、どのような仕事を探しているかを書き込むことができ、メンバーからアドバイスをもらうことができます。また他の人がどのような投稿をしているかをチェックし、コメントを残したりメッセージを送ったりすることもできます。外国人向けのタイの大きなグループは以下の4つです。

・Job Seekers Thailand

・Bangkok Expats

・Bangkok. Thailand. Jobs. Recruiters and Head Hunters

・Expat Network Thailand

ネットワークイベント

職探しをタイでしているなら、働いている移住者、仕事を探している人、雇用主など様々な人と繋がることのできる場所があります。バンコク空港はネットワークのパラダイスです。イベントはバンコクで開かれることが多いですが、パタヤ、プーケット、チェンマイなどでも開かれています。定期的に開かれているネットワークイベントで重要なものは以下になります。

・Bangkok Young Professionals

・Bangkok Networking

・German Open Young Professionals

・AmCham Young Professionals Committee

・Mobile Monday Bangkok

・InterNations Thailand

企業のウェブサイト

就きたい仕事やポジションが明確な場合は、企業のウェブサイトの雇用ページを確認するのが一番早いでしょう。または、コンタクトのリンクにあるEメールアドレスを見つけることができれば、自己紹介とともに、現在募集中の仕事があるかどうかを確認することができます。

商工会議所

どの海外企業がタイに支店を持っているか知りたい場合は、自分の国の商工会議所の会員名簿を確認してみましょう。多くの西洋の国々はバンコクにこの組織を持っており、タイでの事業の手助けを行なっています。例えば、ドイツの商工会議所の会員名簿はここで観ることができます。

インターンシップを通した就職活動

私はこれで2度タイでの仕事を見つけました。まず、グーグルで見つけた仕事で4~5ヶ月間のインターンシップをしました。これは、有償無償に関わらず通常の仕事につくよりも簡単です。給料が支払われるインターンシップばかりではありませんでしたが、オンラインマーケティングとビジネスを行う会社の仕事のオファーを、インターンシップが終わるときに得ることができました。

タイで友達を見つける

タイで多くの友情が生まれていることに驚くことでしょう。これは、一晩で新しい人との繋がりを作ることに似ていますが、ただ休暇のためにタイにいるだけでも外国人と交流することができ、そこで交流した人たちが思わぬ雇用の機会をもたらしてくれるかもしれません。

タイで働いたことがありますか?どのように仕事を見つけましたか?あなたの経験を教えてください。

高校時代にタイ旅行で訪れて以来、タイにハマってしまいました。一人娘にも関わらず、親はタイの大学へ進学するということに対しても反対せず、応援してくれました。今は、チェンマイで働いていた時に知り合ったアメリカ人の旦那と結婚しました。子供の出産を機に、一時期はニューヨークに住んでいたこともありましたが、旦那と私のどちらもタイが忘れられず、タイに戻ってきてしまいました。今は私の両親が定年退職したのを機にタイに呼び寄せて子供(孫)の面倒を見てもらい、私はギフトショップを友人と共同経営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です